借地権の違いとは?

借地権は、ひとつの土地を継続して借りる事ができる権利で、その土地の所有者ではなくその土地を借りている人のための権利です。
この借地権は土地を借りている人を守るための権利なので、どういった権利であるのかを知っておくと、例えば突然土地の所有者から立ち退きを要求されてしまった時などに役立ちます。
ただ、借地権に関する法律である借地法が平成4年に改正されたため、現在日本では平成4年より前に契約した人と平成4年以降に契約した人とで、2種類の借地権が存在しています。
法改正にともない借地権も大きく違っているので、知っておかないと損をしてしまう場面も出てきます。

不動産の売買を考える時に、この借地法の違いは無視する事はできません。
借地権にも大きく関わってくる違いですから、どういった違いがあるのかを知った上で、借地権が絡む不動産の売買をする時はどちらの借地法に基づく借地権なのかを確認しておかなくれはいけません。
借地法は新旧においてその内容で保障される借地権が大きく違ってきますので、この違いを知る事は不動産の売買をする上ではとても重要となってきます。
では、いったい新旧の借地法では借地権にどのような違いが生じるのでしょうか。

当サイトではこの借地法の新旧で借地権にどのような違いがあるのかをいくつか解説します。
これから不動産の売買をしようと考えている人が、その不動産が新旧どちらの借地法に基づいているものなのかを知り、その上で売買を考える時の手助けとなれば幸いです。
借地権の違いは細かい違いから、大きな違いまでさまざまなものがあります。
これを知っておく事は、不動産の売買において非常に重要です。


<管理人特選サイト>
新旧で借地権にどのような違いがあるのかなど借地権について無料で相談が出来るサイトです → 借地権 相談

Copyright © 2014 借地権の法律はどう変わっている? All Rights Reserved.